たぬきの置物

たぬきの置物

たぬき 狸が「他を抜く」に通うことから商売繁盛と洒落て店の軒先に置かれることが多いです。信楽焼八相縁起に因んで福々とした狸が編み笠を被り少し首をかしげながら右手に徳利左手に通帳を持って突っ立っている、いわゆる「酒買い小僧」型が定番となっています。