信楽焼 陶器

信楽焼の歴史 陶器

信楽焼の歴史 日本六古窯のひとつに挙げられ、天平14年(742年)、聖武天皇の紫香楽宮造営にあたり瓦を焼いたのが発祥です。 鎌倉時代中期から、穴窯によって本格的陶器が焼かれるようになり、室町・桃山時代には、茶道の発展と共に、茶器の生産も盛んになりました。 江戸時代には、登り窯が登場し大物陶器が焼かれ、水壺、ミソ壺、日用品が多く作られました。 明治時代になると、酒器、神仏具などの小物も焼かれ、火鉢の生産は昭和30年頃まで主力製品として全国に供給されました。

信楽は奈良時代、良材供給の樹林地帯であり、茂る木から しがらきの地名になったとも、山に囲まれた土地という意味の朝鮮語のシダラが、作陶の技術と共に伝わったとも言われています。

歴史