技法

技法

技法
  • 陶土は水簸(すいひ)せず製造する。
  • 成形はろくろ成形、 押型成形または手ひねり成形による。
  • 素地の模様づけをする場合には、「松皮」、「虫喰い手」、「布目」、「印花」、「線彫り」、「櫛描」、「トチリ」、「掻き落とし」、または「化粧掛け」によるものである。
  • 絵付は、手描きによる下絵付である。この場合、顔料は鬼板または呉須を使用する。
  • 釉掛けをする場合は、「重ね掛け」、「流し掛け」、「ろう抜き」、「イッチン」、「片身掛け」、「吹き掛け」、「はけ掛け」、または「はけ目」による。
  • 素地の模様付け、絵付および釉掛けをしない場合は、登窯または穴窯による自然釉または火色を現出させる。